読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

糸電話式のアレ

プログラミングのこと。毎日のこと。書いています。

WinMerge用ClassファイルをJadして比較プラグイン

プログラミング Java

WinMergeでClassファイルを比較する際にJadして比較します。

DLはこちら
右クリックで保存してください。

インストール

この"class diff with jad.sct"というファイルを、WinMergeがインストールされたディレクトリの下にある"MergePlugins"に配置してください。(例:"C:\Program Files\WinMerge\MergePlugins")
23行目のJadPath="C:\eclipse\eclipse\jad.exe"を自分のJad.exeのパスに変更してください。
以上で、クラスファイルをWinMergeで比較した時に、このプラグインを選択できるようになります。

"MergePlugins"がない場合、WinMergeをインストールする際に基本プラグインをインストールしていない可能性があります。
この場合、うまく動かない可能性があります。
WinMergeのインストーラを起動して基本プラグインをインストールしてから、上記のインストール手順を行なってください。

実行例

Classファイルを比較すると、通常以下のようにバイナリの比較になります。

このプラグインを導入すると、以下のように展開プラグインから選択後、

ハイ、このとおりJADした状態で比較できます。

使用上の注意

動作にはJADが必要です。

Pleiades AllInOne Eclipseを導入している場合は、そのインストールディレクトリ以下にjad.exeがあります。

jad.exeの単体は、こちらのミラーで配布しています。

JadJava5以降の文法には対応していません。
よって、Java5以降で追加された文法で書かれている部分については、このプラグインでも逆コンパイルすることは出来ません。

ソース